[PR]

■てんでんこ:音楽の力25

 「歌って、すげえ」。Jポップバンド、サスライメイカーの元ボーカル磯部俊行(いそべとしゆき)(40)が実感したのは東日本大震災直後、岩手県宮古市田老や同県大槌町を訪ねた時のことだ。3、4月のことで、岸壁は海に沈み、街はまだがれきが散乱していた。

 物資を届けた避難所や個人宅で、「歌わせて」と頼んだ。「気分じゃない」、時には「帰れ」と言われた。でも粘った。アーティストの端くれの自分ができる精いっぱいのことは歌うことなんです。すると、昼間から酒を飲んでいた男たちが聴き入った。女性が「みんな、呼べばよかった」と話し、妻と娘を流された男が「また来いよ」と言った。

 「歌にできることがある」。そう思うと、やめられなくなった。2カ月に1、2度、通い始めた。

 「まだそんな時じゃない」。初…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも