[PR]

 定食店チェーンの大戸屋は6日、10月末までの期間限定で1日に販売を始めた「生さんまの炭火焼き定食」を、950円から920円(いずれも税込み)に値下げした。不漁で想定より小さいサンマしかそろえられないためだ。

 大戸屋によると、花咲港(北海道根室市)で水揚げされたサンマを使った定食で、150グラム前後のサンマを想定していたが、130グラム前後のものしか仕入れられないという。

 さらに、台風などの影響で、北海道で水揚げされるサンマ自体が少ないため、8日以降、在庫の切れた店では販売するのを一時やめる。数日で再開できる見通しという。