[PR]

■観光地歩き「未病」を改善

 健康と病気の間の「未病」の改善に役立ててもらおうと、神奈川県は自らの投薬情報や健康診断データなどを一目でチェックできるアプリ「マイME(み)・BYO(びょう)カルテ」への登録を呼びかけている。1日からは登録者を増やすためのキャンペーンを始めた。

 「マイME・BYOカルテ」は昨年2月にスタート。本人や家族の投薬情報や健康診断結果などに加え、薬の副作用やアレルギーの有無、既往症、ワクチン接種歴などをスマートフォンやパソコンを通じて登録、閲覧できる。「災害時、『お薬手帳』はなくなっても登録データは残る」とうたい、8月末現在で約2万人が登録。年度内の5万人登録を目標にする。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら