[PR]

 昭和の匂いを残す「横丁」の風景のスケッチ展が27日、東京・代々木のカフェ「隆龍」で始まる。編集プロダクション経営の傍ら、地域ならではの情景のスケッチを続けてきた村上健さん(66)が25点を出品。東京・吉祥寺の「ハモニカ横丁」や有楽町のガード下など首都圏を中心に、北海道や京都、福岡の路地を描いた作品も。10月9日まで(10月3日は定休)。問い合わせは隆龍(03・5304・2775)へ。

関連ニュース