[PR]

 日本新聞協会は6日、2017年度の新聞協会賞を発表した。技術部門で、新聞印刷に関する時間やコストの削減を実現した朝日新聞東京本社の「ローラ再生装置の開発」が選ばれた。

 ローラ再生装置は、新聞印刷に使う輪転機の中でゴムローラーが劣化した際、溶剤を使って新品同様によみがえらせる装置。印刷現場でゴムローラーを再生できるため、巻き替えや研磨に要した時間とコストを減らすことができる。

 また、編集部門では、西日本新聞社の「博多金塊事件と捜査情報漏えいスクープ」、NHKの「『防衛省“日報”保管も公表せず』の特報」、毎日新聞東京本社の「ボルトも驚がく 日本リレー史上初の銀」(写真)、北日本新聞社の「議会の不正追及と改革を訴えるキャンペーン報道『民意と歩む』」が選ばれた。