[PR]

 北朝鮮問題を研究する米ジョンズ・ホプキンス大の研究グループ「38ノース」は5日、北朝鮮が3日に実施した6回目の核実験後の衛星画像を解析し、「過去5回の実験よりも地形に広範な変化がある」と発表した。

 同グループによると、北朝鮮北部の咸鏡北道吉州郡豊渓里で実験翌日の4日に撮影された画像で、多くの土砂崩れなどが起きたと確認した。ただ、地面の陥没は確認できなかった。また画像の解析度が十分ではないとし、「実験施設の建物などの損傷は分からない」とした。

 北朝鮮の3日の核実験について、日本の気象庁は3日、マグニチュード(M)6・1程度と推定し、過去の核実験に比べて「少なくとも10倍程度は大きい」と分析した。また小野寺五典防衛相は6日、爆発規模について160キロトン(TNT火薬換算)と発表。当初の試算の70キロトンから大幅に上方修正した。(ワシントン=杉山正)