[PR]

 小野寺五典防衛相は6日、北朝鮮の6回目の核実験について、地震から試算した規模が、当初の推定を大幅に上回る160キロトン(TNT火薬換算)だったことを明らかにした。防衛省で記者団に述べた。広島に投下された原爆の15キロトン、長崎原爆の21キロトンを大幅に上回る規模だ。

 安全保障問題に詳しい小泉悠(ゆう)・未来工学研究所特別研究員は「爆発規模160キロトンは、水爆かブースト型核分裂爆弾(強化原爆)の可能性が十分にある。都市を一つ破壊できるほどの相当の威力だ」と話す。

 東京都心部に落とされた場合、平らで遮るものが少ないため、「人口が多い昼間だと数十万人規模の犠牲者が出る可能性もある」と分析する。「北朝鮮が今、実用化しているとみられる10キロトン級の弾頭とは被害の桁が変わる。北朝鮮の核開発能力が『ここまで来たか』と感じる」

 北朝鮮が核実験を強行するのは…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら