[PR]

 ロシアのプーチン大統領は6日、極東ウラジオストクで始まった東方経済フォーラムの場で韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と会談した。韓国側によると、プーチン氏は、対北朝鮮制裁強化に同調を求めた文氏に「北朝鮮はいくら圧迫しても核を放棄しない」と反論。会談後の記者会見では「制裁や圧力だけでは問題は解決しない」と述べ、国連安全保障理事会のさらなる制裁に消極的な姿勢を改めて示した。

 韓国側の説明によると、会談で文氏は、北朝鮮が強行した6回目の核実験に関連し「北の挑発を止められる指導者は、プーチン大統領と中国の習近平(シーチンピン)国家主席だけであり、両指導者が強力な役割を果たしてほしい」と求めた。これに対し、プーチン氏は「北朝鮮はいくら圧迫しても安全保障のために核を放棄しない」と反論したという。

 文氏は「今回は少なくとも北に対する原油供給を中止するのはやむを得ず、積極的に協力してほしい」とも求めたが、プーチン氏は、ロシアの北朝鮮への石油輸出量は四半期で4万トンとした上で「非常にわずかだ」と指摘。「ロシアも北朝鮮の核開発を糾弾しているが、原油の輸出中止が、病院など民間に対する被害を与えることを懸念している」と語ったという。

 プーチン氏は会談後の共同会見で「北朝鮮に核保有国の地位は認めない」と強調する一方、「北朝鮮を追い詰めてはいけない。外交的な手法を用いずに状況を変えるのは難しい」と述べた。

 一方、ロシアのラブロフ外相は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら