[PR]

 ロシアを訪問中の河野太郎外相は7日、極東ウラジオストクで開催中の東方経済フォーラムの場で、韓国の康京和(カンギョンファ)外相と会談した。河野氏によると、6回目の核実験を強行した北朝鮮に対し、「今は圧力をかける時期」との認識で一致。国連安全保障理事会での新たな制裁決議採択に向けて、日米韓が緊密に連携することを確認した。

 会談は約50分間。河野氏は会談後、記者団に「ほとんどが北朝鮮問題に対する認識と安保理の対応についてだった。日韓の立場に(認識の)差がないことを確認した」と語った。その上で「今はきちんと圧力をかけ、それによって北朝鮮の行動を引き出し、それから対話という方向性で一致した」と述べ、北朝鮮への圧力と対話呼びかけを並行させる文在寅(ムンジェンイン)政権と立場に差がないことを強調した。

 これに関連し、韓国側は、両氏が、制裁と圧力の強化は北朝鮮を非核化の対話に応じさせることが究極的な目的であり、「北の核問題は最終的には、対話を通じて平和的に解決しなければならない」という点で一致したと説明。安保理新決議採択にはロシアと中国の協力を引き出すための戦略的対話が不可欠との点も確認したとした。

 一方、河野氏は「その他、若干日韓の問題についても話した」とも明かした。日韓間の対立の芽になっている戦時中の慰安婦や徴用工をめぐる問題が議論になった可能性があるが、河野氏は「未来志向」を強調し、詳細は明らかにしなかった。(ウラジオストク=武田肇、板橋洋佳)

こんなニュースも