[PR]

 米衣料品大手ギャップは6日、主力のカジュアルブランド「GAP」と、やや高価格の「バナナ・リパブリック」の計約200店舗を今後3年間で閉める、と発表した。両ブランドは2015年度以降、年3~10%のペースで売り上げが減っており、不振店を中心に全店舗のほぼ1割をたたんでコストを削る。

 一方で、低価格帯中心の「オールドネイビー」と、スポーツ衣料を扱う「アスレタ」の2ブランドは人気が高まっていることから計約270店増やし、会社全体では店舗網を拡大させる方針だ。ただ、日本ではオールドネイビーは今年初めまでに撤退している。

 アート・ペック最高経営責任者(CEO)は「ネット販売、低価格帯、アクティブ。顧客がいる方向にシフトすることで成長を実現する」と述べた。

 米アパレル市場は低価格ながらも流行を取り入れたファストファッションか、「アスレジャー」と呼ばれる機能性の高いスポーツ衣料に人気が集中。そのはざまで、GAPなど伝統的なブランドは苦戦が続く。「ラルフローレン」「Jクルー」「アバクロンビー&フィッチ」といった大手各社は、トップ交代や店舗閉鎖、人員削減に相次ぎ追い込まれている。(ニューヨーク=江渕崇)