[PR]

 全国の道の駅にあるご当地グルメの1位を決める「道―1グランプリ2017」に、白崎海洋公園(由良町大引)の「釜揚げしらす丼」が参戦する。全国約1100駅から選考を勝ち抜いた約40駅の逸品が10月28、29の両日、群馬県桐生市で一堂に会する。

 同イベントは、道の駅の活性化を通して、各地域を盛り上げようと企画された。実行委員会によると、前年1位の道の駅もてぎ(栃木県茂木(もてぎ)町)の「ゆず塩ら~めん」は、その後1年間の売り上げが約6倍になり、地域の盛り上げに一役買ったという。

 「釜揚げしらす丼」のシラスは、由良町の直売店「魚政商店」から購入したもの。同店によると、由良港近海で漁をする店専属の漁船で漁獲したシラスをそのまま釜揚げにするため、鮮度が高い状態を維持できる。加工の際、塩分を少なめにし、冷凍保存もしないため、シラス本来の味が楽しめるという。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら