[PR]

 魚や豆類、海藻類などに多く含まれるマグネシウムを多くとると心筋梗塞(こうそく)のリスクが下がるとの調査結果を、国立がん研究センターや国立循環器病研究センターなどのチームがまとめ、専門誌に発表した。

 循環器疾患やがんを発症したことがない岩手や高知など8県に住む45~74歳の男女約8万5千人の食べた物や量を調べ、とったマグネシウムの量を推計。量に応じて5群にわけて15年間追跡した。

 カルシウムなど他のミネラルの量が与える影響が出ないよう分析すると、男性では最も多くとる集団は、最も少ない集団に比べ、心筋梗塞のリスクが34%低かった。女性では関連が弱まった。女性は心筋梗塞の発症者が少なく、他のミネラルも多くとっていることが一因とみられるという。

 マグネシウムは骨の形成や筋肉の収縮などに関わる。国は成人男女に1日270~370ミリグラムの摂取を推奨するが、2015年の調査では平均摂取量は約250ミリグラムだった。

 国立循環器病研究センター予防健診部の小久保喜弘医長は「心筋梗塞のリスクを下げるために魚や豆類、食物繊維を積極的にとってほしい」と話す。(南宏美)