[PR]

 スバルは7日、走行中にエンジンから金属部品が脱落する恐れがあるとして、サンバー62万2348台(1999年1月~2008年2月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。部品は直径約10センチのリング状のもの。脱落して後続車の前部に当たり、へこみができる事故が1件あったという。

 また日産自動車は、エアコンの電気配線から火が出る恐れがあるとして、エクストレイル2万6912台(08年8月~15年3月製造)のリコールを届け出た。4件の出火が確認されたが、いずれもすぐに消え、けが人は出ていない。