[PR]

 ナノテクノロジー分野で世界的な業績を上げた研究者に贈られる「江崎玲於奈賞」の第14回受賞者に7日、香取秀俊・東京大学教授(52)が選ばれた。160億年で1秒しかずれないという極めて高精度の原子時計「光格子時計」を発明した業績が高く評価された。

 江崎玲於奈さんと白川英樹さん、野依良治さん、小林誠さん、天野浩さんのノーベル賞受賞者5人を含む賞の審査委員が7日、茨城県つくば市で記者会見して発表した。2001年にノーベル化学賞を受けた野依さんは「サイエンスの根幹にかかわる成果で、日本から出たことが誇らしい」と話した。

 現在、時間の単位である「秒」…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら