[PR]

 IT大手「GMOインターネット」は7日、現金と交換してインターネット上でやりとりできる仮想通貨「ビットコイン」の採掘(マイニング)事業を、来年上半期にも始めると発表した。投資額は約35億円。「企業としては日本で初めて」(広報)という。

 もともとビットコインは、送金などの取引が真正かどうかを第三者が承認するマイニング作業が不可欠だ。その作業を担った人は報酬としてコインを得られる。GMOは、電気料金が安い北欧に大規模なシステムを置き、ビットコインの承認作業を進める。今後、必要な設備への投資を一般に広く募り、見返りに収益を分配するほか、グループ内の仮想通貨交換会社にビットコインを供給するという。