[PR]

 サッカーJ1ガ大阪は7日、2014年に国内3冠に導いた長谷川健太監督(51)と来季の契約を更新しないと発表した。今季終了まではガ大阪を率いる予定。後任は未定という。

 長谷川監督はJ1清水で監督を務めた後、解説者などを経て、13年シーズンから当時J2のガ大阪の監督に就任。1年でJ1に復帰し、翌シーズンにはJ1リーグ、天皇杯、ナビスコ杯(現ルヴァン杯)の国内主要大会3冠を達成。15年シーズンは天皇杯を連覇した。16年シーズンは無冠に終わり、今季は現在リーグ戦7位。好成績を残す一方でMF井手口やオランダへ移籍したMF堂安ら若手を積極的に起用し、育てた。7日の練習後には、9日の神戸戦に向けて「陽介(井手口)の状態をもう1日見て、いけそうなら(神戸戦の)頭から使いたい」などと抱負を語っていた。

 ガ大阪の山内社長は「チーム力の底上げにも大きく貢献していただきました。クラブとしては、今、新たなステージに向けてステップを踏み出す時と考え、長谷川監督からの卒業はこのタイミングだと判断しました。J2に降格して厳しい状況だったガンバ大阪を救い、さらに4度の優勝へ導いて頂いた長谷川監督には心より感謝申し上げます」とコメントした。