[PR]

 大相撲の横綱白鵬(32)=宮城野部屋=が秋場所(10日初日、東京・国技館)を休場することになった。8日朝の取組編成会議を前に日本相撲協会に届け出た。稀勢の里(31)=田子ノ浦=、鶴竜(32)=井筒=に続く休場で、3横綱が初日から不在になるのは昭和以降初めて。横綱でただ1人出場する日馬富士も古傷の左ひじなどに不安を抱えており、優勝争いは混戦となりそうだ。

 白鵬は8月に左ひざを痛め、夏巡業を途中休場した。秋場所では3連覇と史上最多を更新する通算40度目の優勝がかかっていたが、今月1日の横綱審議委員会稽古総見には顔を見せただけ。部屋でも関取衆との稽古ができておらず、調整が遅れていた。

 師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)はこの日の朝、「最後まで出たい気持ちがあったからギリギリまで調整したけど、どうしてもひざが治らなかった」と話した。休場は春場所以来で、横綱昇進後は4度目になる。

こんなニュースも