[PR]

 大麻とみられるものを譲り受けた容疑で逮捕された北海道警の警察官が、知人に捜査に関する情報を漏らしていたとして、道警は8日、この警察官を地方公務員法(守秘義務)違反の疑いで再逮捕し、発表した。道警は認否を明らかにしていない。

 警察官は、函館西署警備課巡査部長の山本圭太容疑者(35)。道警によると、山本容疑者は今年6月、自動車のナンバーから所有者を調べ、知人に職務上知り得た秘密を漏らした疑いがある。

 山本容疑者は、今年2月に北海道羽幌(はぼろ)町の自宅で違法と認識しながら大麻とみられるものを2万円で譲り受けたとして、麻薬特例法違反容疑で8月に逮捕されていた。

 その後の調べで、山本容疑者が大麻とみられるものを高校時代に知り合った知人から購入していたことが判明。この知人から「車に後をつけられているようなので調べてほしい」と頼まれたという。後をつけていたのは、道警の捜査車両だったという。