[PR]

 独メルセデス・ベンツ日本法人は8日、新型の最高級セダン「メルセデス・マイバッハSクラス」の予約受け付けを始めた。2千万円超の高級車で、堅調な富裕層向け需要に対応する。

 前輪と後輪の間を高級セダン「Sクラス」より20センチ長くして、後席の居住性を高め、安定した走りも可能にした。後席では大画面のモニターで映像も楽しめる。市販車では最高水準の自動運転技術を搭載し、高速道路では自動で車線変更も可能だ。車内から専用ボタンを押すだけで、専門のオペレーターが24時間365日、相談に対応する。

 ベンツ日本法人の上野金太郎社長は富裕層の需要について「大変底堅い。最近は『どうせなら……』と、マイバッハへシフトする傾向がある」と話す。価格は排気量4リットルの「S560」と「S560 4MATIC」が消費税込み2253万円、同6リットルの「S650」が2761万円。(青山直篤)