[PR]

 大相撲秋場所(10日初日、東京・国技館)を休場することが8日に決まった白鵬は、8月に左ひざを痛めていた。師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)によると、6日には「どうしてもひざが治らない」と本人が明かしていた。ただ、節目の40度目の優勝がかかった場所への出場を模索。7日夜に休場を決めた際には「もう少し時間があったら」と話していたという。

 宮城野親方は「ひざを長く曲げていられない状態。悔しい思いはあると思う。でも、無理して変な相撲を取って周りに迷惑をかけるなら、万全の状態で出たいというのもあったんでしょう」と話した。

こんなニュースも