[PR]

 1、2年生の新チームで争う県高校野球新人戦(県高野連主催)は9日、田辺スポーツパーク野球場で準決勝があった。第1試合は、3点を追う箕島が土壇場の九回に逆転し、今夏の和歌山大会を制した智弁和歌山を4―3で下した。第2試合は和歌山東が星林を10―4で破った。箕島―和歌山東の決勝は10日午後1時から同球場である。

 なお、新人戦の4強は9日に開幕した秋季近畿地区高校野球大会県1次予選を免除され、30日開幕の2次予選から登場する。

こんなニュースも