[PR]

 河野太郎外相は8日の閣議後会見で、7日にロシア・ウラジオストクであった日ロ首脳会談について「朝鮮半島の非核化がゴールだということでは一致しているし、国連の場などで連携していこうと合意もできている」と強調した。北朝鮮問題をめぐって圧力強化を呼びかける安倍晋三首相に対し、プーチン大統領が対話による解決を求め、方針の違いが鮮明になったことへの懸念を打ち消す狙いだ。

 河野氏は「それぞれの国がいろいろな事情を抱えていると思うが、最終的には国際社会に北朝鮮への強いメッセージを送らなければならない」と述べ、国連安全保障理事会での新制裁決議採択に向け、関係国に協力を働きかけていく姿勢を改めて示した。

 また、ジャーナリストの田原総一朗氏が安倍首相に、米中韓ロの首脳と協議して訪朝するよう提案したと明かしたことについて「特に首相から(指示は)何もない」と述べ、米側などとの調整を否定した。(田嶋慶彦)