【動画】兵庫県尼崎市が取り組む自転車盗対策のデモンストレーション。自転車を動かすと、警報音が鳴り響く=宮武努撮影
[PR]

 無断で動かすとアラームが鳴り響く自転車を駐輪場に紛れ込ませ、自転車泥棒を驚かせて、盗む意欲をそぐ――。自転車の盗難多発に悩む兵庫県尼崎市が、そんな社会実験を13日から始める。担当者は「全国の自治体で初めての取り組みでは」と話す。

 尼崎市の8日の発表によると、振動を感知すると警報が鳴る市販のアラーム装置を取り付けた自転車3台を、JR尼崎駅周辺などの盗難多発エリアの駐輪場や飲食店前に止める。何者かが動かそうとすると弱めのアラームが鳴り、動かし続けると数秒後に大音量で鳴る。「泥棒に『もうやめよう』と思わせる」(担当者)という仕組みだ。

 それぞれの駐輪場所には同じ装置を付けた別の自転車を展示し、「自転車を盗もうとするとアラームが鳴ります」という警告文を掲示して、自転車盗の抑止を狙う。

 県警の統計によると、尼崎市内で昨年起きた自転車盗は2256件。県内では神戸市に次いで多く、人口当たりの発生率はワースト1。そんな現状を打開しようと職員が発案した。

 実験期間は13日から3カ月間。効果を見極め、本格導入を検討する。実験名は「アラーム」と「ダミー」をかけ合わせて「アラーミー社会実験」と決めた。

 稲村和美市長は「自転車盗は軽い気持ちでやるケースが多いように見受けられる。アラームが鳴るかもと思えば、安易に盗めなくなるのでは」と抑止効果に期待する。(宮武努)

関連ニュース