[PR]

 8月にシンガポール沖で民間タンカーと衝突し、乗組員10人が死亡した米海軍のイージス駆逐艦ジョン・S・マケインについて、米海軍は、同艦を重量物運搬船に載せて9月末にもシンガポールから配備先の横須賀基地(神奈川県横須賀市)へ移送することを明らかにした。

 同艦は衝突で左舷後方を損傷し、居住区や機械室などが浸水。犠牲になった10人は艦内から見つかった。横須賀基地のドックに移して被害状況などを詳しく調べるとみられる。

 同基地のドックには現在、6月に伊豆半島沖で貨物船と衝突して7人が犠牲になった駆逐艦フィッツジェラルドがある。同艦は今秋に重量物運搬船に載せて米国に運び、大規模修理に入ることになっている。