[PR]

 三菱航空機は、開発に取り組んでいる国産ジェット旅客機MRJの飛行試験を7日に再開したと明らかにした。試験中にエンジンが破損した原因が、そのエンジン固有のものだと確認できたという。2020年をめざす納入の開始時期に影響はない見込みという。

 MRJの飛行試験は米ワシントン州を拠点に4機体制で重ねてきた。うち1機が8月22日、左側のエンジンの停止で緊急着陸したため、4機すべての試験を中断していた。