[PR]

(8日、日本ハム9―2西武)

 日本ハムの大谷が2本塁打を放った。1本目は一回、バックスクリーン右へ2ラン。2本目は四回、右翼ポール直撃の2ランだった。「甘い球を逃さず振れている」と大谷。前日の試合前練習では東京ドームの電光掲示板を超える当たりを放つなど、スイングが一段と力強くなっているだけに、本塁打量産の気配だ。

 ○栗山監督(日) 2本塁打の大谷について、「普通だよ。普通。めいっぱい振れるようになってきただけ。普通」。

 ○高梨(日) 八回途中まで投げ、10奪三振。「今年初めてというくらいよかった。直球も変化球もよかった」

 ○大谷(日) 今季初の1試合2本塁打。「特に2本目は甘い球を逃さず打てたが、2三振している。全打席、いい打席になるようにやっていきたい」