[PR]

 衆院小選挙区の新区割りをめぐり、自民党は8日、県内の小選挙区が4から3に減る岩手県の立候補予定者の振り分けを決めた。県内を地盤とする現職4人のうち、新1区の候補は高橋比奈子氏、新2区は鈴木俊一氏、新3区は藤原崇氏とした。前回は旧3区で立候補して比例復活した橋本英教氏は比例区に回る。党本部と県連が確認書を取り交わしたが、比例区での優遇措置には触れていないという。

こんなニュースも