[PR]

 8日午前5時45分ごろ、福井県あわら市柿原の北陸新幹線・柿原トンネルの工事現場で土砂が崩落し、地表のグラウンドが直径約15メートル、深さ約8メートルにわたって陥没した。工事を管理している鉄道・運輸機構大阪支社によると、当時は5人の作業員がいたが、直前に避難して無事だった。

 同支社の話では、現場では地下十数メートルの地点で掘削工事をしていた。トンネルは延長2530メートルで、高さ8・4メートル、幅9・5メートル。金沢側の入り口から730メートルほどのところで突然崩れ、土砂約1500立方メートルがトンネル内に流れ込んだ。

 当時、トンネル内には5人の作業員がいたが、直前にトンネル内壁のコンクリートがはがれているのに気づき、避難したという。

 崩れた現場はあわら市営のグラウンドで、野球やソフトボールに利用できる。同市によると、山間にあるため、平日はあまり利用者はいないという。崩落時は早朝で雨が降っていた。

 北陸新幹線は長野―金沢間が2015年3月に開業。金沢―敦賀(福井県)間113キロの延伸工事をしている。敦賀駅は22年度末までの開業を目指している。

 あわら市の橋本達也市長は事故を受けて「たいへん遺憾だ。早急に原因を究明し、安全対策を精査するよう求める」とのコメントを発表した。