[PR]

 人手不足の中、過酷な労働をロボットに置き換えようと考える中小企業が増えている。だが、ネックになるのは導入や運用にかかる費用だ。複数の会社で協力して、1社の負担を減らす取り組みが始まっている。

 ボルトなどのさびや腐食を防ぐ「めっき」を手がける大阪府岸和田市の境川工業所。作業員が、100本のボルトが入ったスコップのような道具を持ち、500度超の溶けた亜鉛が入った「浴槽」に、数分浸していた。重さは約10キロ。夏場だと室温は40度を超えるという。

 谷野康信社長は、「危険を伴う仕事で、求人の応募者も少ない。ロボットに換えられたらよい」と語る。

 近畿経済産業局によると、調査…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら