【動画】中国浙江省の石浦港には、休漁明けに向けて出港準備をする漁船が多く停泊する=冨名腰隆撮影
[PR]

 日本政府が尖閣諸島を国有化してから、11日で5年。中国6大漁港の一つとも言われる浙江省象山県の石浦港からは、尖閣周辺を含む東シナ海に多くの漁船が出漁してきた。4カ月以上続いた休漁期間が16日に明けるのを前に、出港準備に入った漁船が港を埋め尽くす。

 7日、漁船を眺める記者に近寄ってきた地元男性が誇らしげに言った。「1千隻が一斉に出港する。釣魚島(尖閣諸島の中国名)まで行くのもあるぞ」

 港の間を行き来する「渡し船」を営む男性(52)が、「俺が案内してやる」と声をかけてきた。

 渡し船から停泊中の漁船に乗り…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら