[PR]

 今月10日の第22節まで7連敗。特に零封された3日の北九州戦では、1対1のボールの奪い合いでの競り負けが目立ちました。最近のトレーニングでは、3対3のミニゲームをひたすらこなし、体力的に厳しくても相手に挑む気持ちを絶やさないように指導しています。苦しい状況ですが、ベテランから若手まで居残り練習に精を出し、成長しようという熱意をひしひしと感じます。

 ひときわ真剣なのが、今年8月から12月まで期限付き移籍をしているDF楊帆(ヤンファン、22)=上海上港(中国)所属=です。日本語での指示を一生懸命聞き取り、真面目な練習態度でチームに溶け込んでいます。きっと良い刺激をもたらすでしょう。

 思い返せば、ヴェルディ川崎(当時)でプレーした現役時代、DFペレイラをはじめ、ブラジル人選手たちがチームを活性化させていました。練習後みんなでお風呂に入った時、よく彼らがサンバのリズムを刻んではしゃいでいました。

 特に印象的だったのがFWアモ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも