[PR]

 安倍晋三首相は8日夜、フランスのマクロン大統領と電話で約20分間協議した。両首脳は、核実験を実施した北朝鮮に対し、国際社会が連携して圧力を強めていく必要があるとの認識で一致。北朝鮮に影響力がある中国、ロシアの役割が重要だと確認した。

 日本政府の説明によると、安倍首相は、核実験の強行はこれまでにない脅威だと指摘し、「制裁強化のため新たな安保理決議の採択が必要」と強調した。マクロン氏は日本の立場への連帯を表明し、「断固として対応したい」と応じた。電話協議はフランス側から呼びかけがあったという。

こんなニュースも