[PR]

 来秋の開幕を目指す卓球の「Tリーグ」の参入申し込みが、15日から始まった。人気上昇中で、生涯スポーツとしても注目を集める卓球で地域振興を狙う新リーグ。お手本のドイツをはじめ、世界の動向はどうか。

ドイツは「地域密着のお手本」

 ドイツ・デュッセルドルフの中心部から路面電車で約20分。ドイツリーグ1部を4連覇中で、優勝29度を誇る名門「ボルシア・デュッセルドルフ」(1961年創立)の拠点がある。当時中学生だった水谷隼らが武者修行したクラブとしても有名だ。

 リーグの試合も行われる1100人収容のアリーナは、会員なら誰でも使える。バーカウンターもあるクラブハウスや、卓球スクールの子どもたちも宿泊できる30室規模のホテルも備える。Tリーグの専務理事で、現役時代にデュッセルドルフの選手としても活躍した松下浩二氏は「地域密着のお手本だ」と評する。

 年間予算は1部リーグの10クラブ中でトップクラスの200万ユーロ(約2億6千万円)だが、プロチームの運営費は半分程度。残りは子ども、中高年、障害者など20以上のアマチュアチームを運営し、1千人以上が参加する子ども大会も主催する。「モットーは『全ての人に卓球を』。家族のような存在でありたい」と、クラブの元選手で現在は運営責任者のアンドレアス・プレウス氏は語る。

 収入の2割は自治体や慈善団体から。基金を設け、社会活動もする。昨年から後部に卓球台を引っ張れる自動車を作り、年間約200日、障害者施設や病院を回った。5月から6月にかけてデュッセルドルフで開催された世界選手権では、旧市街に250台の卓球台を鎖のように並べ、600人が一斉に卓球をした。

 2007年に入団した元世界ランク1位のティモ・ボルは、社会活動も積極的だ。「リオデジャネイロ五輪の開会式で、ボルはドイツ選手団の旗手を務めた。彼はクラブの象徴で、街の宣伝もできる」とプレウス氏は語る。

■中国にロシアに…選手の奪い合…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら