[PR]

 9日午前11時50分ごろ、宮崎市江平東1丁目にある飲食店「江平四ツ目食堂」で「男性が倒れている」と、店を訪れた男性客から110番通報があった。宮崎県警によると、男性が店の厨房(ちゅうぼう)であおむけで血を流して倒れていた。レジの引き出しが開いて空になっており、県警は強盗殺人の疑いで捜査している。

 宮崎北署によると、倒れていたのは食堂の店主(65)とみられる。署員が駆けつけたところ、頭から大量の血を流した男性の遺体が床に倒れていたという。刺し傷があったとの情報もある。レジに現金はなく、犯人が奪って逃げた疑いがあるとみている。

 食堂は江平商店街の3階建てビル1階に古くからあり、近所の人によると、最近は店主が1人で営んでいたという。ビルの上階に自宅がある。署は遺体の身元の確認を急ぐとともに、逃げた犯人の行方を追っている。

 現場はJR宮崎駅から北西約1キロ。市中心部の国道10号沿いにある。