[PR]

 東日本大震災の被災地を支援するため、サッカーJ1のヴァンフォーレ(VF)甲府とユニホームスポンサーの「はくばく」は9日、甲府市の山梨中銀スタジアムでベルマーク回収イベントを行った。ブースにはサポーターらの行列ができた。

 VFと「はくばく」は2013年から、あいおいニッセイ同和損保の代理店とともに回収を続けている。この日も代理店の斉藤寿人さん(60)ら約10人がベルマークを受け付け、抽選に当たった人に選手のサインボールや「はくばく」商品などの景品を渡していた。

 娘(19)とともに観戦に来た市内の主婦(43)は「家庭でよく購入する食品にも付いているので捨てるのはもったいない」と協力した。「最近は学校であまり回収していないので1年分をためて来ました。子どもにも教えています」