[PR]

 4人の子ども全員を、最難関とされる東京大学理科Ⅲ類(理Ⅲ、医学部)合格へと導いた「佐藤ママ」こと佐藤亮子さん(奈良市在住)。「受験は母親が9割」などの著書があり、常に発言にも注目が集まる佐藤ママに、受験や子育てのことを聞いてみた。

母親が9割?

 ――「受験は母親が9割」(朝日新聞出版)の著書があります。働く母親にとって「9割」は難しいと思いますが。

 私は専業主婦で、あれこれやれましたが、気持ちが9割でいいんですよ。

 例えば、科目によって違う下敷きを使う子がいました。お母さんは仕事から帰宅後、それぞれのノートで、次の日に使うところに下敷きを移していたそうです。そして鉛筆を削って、塾前に食べるスイーツを用意して朝でかける。

 子どもはノートを開くたびに、今日使うページに下敷きが挟み直してあるのを見つけます。母の愛を感じると思います。それが大事。それが「9割」なんですよ。

 ――残り1割は?

 子どもの頑張りということです。

 ――父親はゼロですか?

 お父さんはゼロでいい。疲れているお母さんの肩をもんだりとか、お母さんが疲れている時に「ちょっとお茶飲んだら?」とか声をかけたりすればいい。お父さんは10割の中には入り込まず、プラス1割みたいな感じがいいと思います。

 我が家は、成績表も夫には見せていませんでした。私は、子どもを一切比べないと腹をくくっていましたが、夫はそこまで思っていない。「これは前より悪いじゃないか」とか何げなく言ってしまう。そうすると、子どもはやはり傷ついてしまうんです。

受験生は恋愛禁止?

 ――「受験生は恋愛禁止」との発言は問題になりました。

 炎上しましたね。ただ、受験までの持ち時間はみんな一緒。そこで問題を解くか、恋愛をするか、曲がりなりにも人生の方向が決まる。目標達成と思ったら、高3の1年くらいは他のことを我慢することは大事です。

 ――高3…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら