[PR]

(9日、陸上・日本学生対校選手権 男子100メートル決勝)

 男子100メートルの前日本記録保持者となった伊東浩司さんは、現在、日本陸連の強化委員長を務める。スタンドで福井県知事と快挙達成を見届けた。「いま思い出しても鳥肌が立つ。スタンドのみなさんが立ち上がってオーッという声が地鳴りのようになり、これが9秒台なのか」と振り返った。

 現役を引退してすぐに200メートルの日本記録を塗り替えられた時は悔しい思いがあったというが、100メートルの記録更新は「私自身、この間に職が変わり、結婚して、子供が生まれ、いろんな変化があった。純粋におめでとうと言えるような気持ちになれている」という。

 「今年は日本選手権で4位になるなど、プライドを引き裂かれた。桐生君の意地が記録につながったのではないか。世界の舞台で9秒台を再現することを、2020でイメージしていると思う。準決勝で9秒98なら絶対、決勝に残れる」と東京五輪へつながることを期待した。