[PR]

 カナダ・サンダーベイで開かれている野球のU18(18歳以下)ワールドカップは9日、2次リーグ最終戦があり、初優勝を目指す日本は韓国に4―6で敗れ、決勝進出を逃した。韓国と米国が決勝進出を決めた。

 日本は10日、カナダとの3位決定戦に回る。カナダには8日の試合で4―6で負けている。

 日本は一回、守備の乱れからピンチを広げ、適時二塁打などで3点を先取された。直後の二回、相手失策や西巻(仙台育英)の左前適時打などで3―3に追いついた。

 だが、二回、日本の先発・田浦(秀岳館)が1死満塁から押し出し四球を出す。代わった川端(秀岳館)も適時打を打たれ、2点を勝ち越された。四回には適時三塁打で1点追加された。

 日本は六回1死満塁から古賀(福岡大大濠)の左犠飛で1点返した。だが、韓国の継投にかわされ、反撃もここまでだった。

こんなニュースも