[PR]

 北朝鮮の朝鮮中央通信は10日、金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長が、大陸間弾道ミサイル搭載用の水爆実験の成功を祝う平壌での宴会に出席し、核・ミサイルの開発をさらに進めるよう指示したと報じた。日時は明らかにしていない。

 同通信によると、正恩氏は「今回響かせた水爆の爆音は、朝鮮人民の偉大な勝利だ」「民族的な大慶事」と絶賛。核実験については「国家核戦力完成の完結段階の目標を達成するための闘い」と位置づけた。

 また、核開発と経済建設を同時に進める金正恩政権の基本路線を意味する「並進路線」に従い、「自衛的な核抑止力を頑丈なものにする科学研究をさらに野心的に進めるための課題」を示した。「課題」の内容は具体的には報じていない。

 宴会には実験に貢献した科学者…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら