[PR]

 日本陸連は10日、日本学生陸上競技連合提供のデータに基づき、9日の日本学生対校選手権(福井・福井運動公園)の男子100メートル決勝で桐生祥秀(東洋大4年)が9秒98の日本新記録を出した際の分析結果を発表。最高速度は秒速11・67メートル(時速約42キロ)で、9秒台を出すのに必要とされる11・60メートルを超えていた。

 桐生の最高速度は10秒23で予選敗退に終わった昨夏のリオデジャネイロ五輪(秒速11・20メートル)や、10秒04だった今年4月の織田記念(秒速11・42メートル)を大きく上回った。しかも到達点は65メートル地点で、分析した過去3大会の55メートルより10メートルもゴール寄りだった。その分、減速して走る距離が短くなった。

 歩数は47・3歩で、過去3大会より1歩近く少ない。一方、ストライドは後半に2・40メートルに迫った。大きな走りが9秒台突入につながったと見られる。桐生はその要因について、直前の練習で250メートルや300メートルの長い距離を走っていたことを挙げ、「勝手にストライドが上がってたのもある。これにピッチが加われば、もっとタイムは伸びる」と語った。