[PR]

 集団でオートバイの排気音を大音量で出したり、道路をふさいだりする「暴走行為」が原因とみられる110番通報が、富山県内で激減している。県警によると、今年1~8月の通報は42件で昨年同期(143件)の3分の1以下。少子化や暴走行為への社会の視線が厳しくなったことなどで暴走族が消滅し、現在、暴走行為をしているのは30人前後しかいないという。

 県警によると、オートバイの集団暴走行為の摘発は、昨年8月、魚津市で4台に乗った7人を道路交通法違反(共同危険行為)容疑で検挙したのが最後。現在、県内で改造車を所有するなど暴走行為をしていると見られるのは合計30人前後で、16~17歳の若者が中心。LINEやツイッターで連絡を取り、1~3人の小規模で走ることが多いという。摘発を恐れ、富山駅前など市街地中心部に入ってくる暴走行為が減ったため、110番通報も少なくなったと県警は考えている。

 富山は1970年代に暴走族の前身とされる「サーキット族」が誕生した場所とされる。80~90年代には、富山市の「堀川神泥麗羅(シンデレラ)」や「山室瑠死異涙(ルシイル)」、高岡市の「苦烈殴派闘羅(クレオパトラ)」など約20団体が活動していた。

 県警は、暴走行為での摘発者に所属団体名を確認しているが、近年は名前が挙がらないことから、暴走族は自然消滅したと判断している。暴走族の消滅は少子化など若者を取り巻く環境の変化が大きいという。県警交通指導課の担当者は「暴走族は先輩後輩の関係が厳しい世界で、今の若者はそれが嫌なのでは」と指摘。また、「バブル期以降は繁華街の人通りが減り、ギャラリーがいないので暴走してもつまらなくなったのでは」とも話す。

 91年に結成された「苦烈殴派…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら