[PR]

 プロ野球阪神の掛布雅之2軍監督(62)が、今季限りで退任することが10日、分かった。四藤慶一郎球団社長は「若手の育成も活性化し、成果が出ている。節目というところで、新しい指導者につないでいきたい」と理由を明かした。すでに本人にも伝えているという。後任は未定。

 掛布氏は2015年オフ、金本監督から球団への提案を受けて、2軍監督に就任。コーチ、監督としての指導は1988年の現役引退後では初めてだったが、2年間、育成に尽力した。四藤社長によると、今後は球団のアドバイザー的役職に就くことを要請しているという。

 阪神の2軍は、28日に阪神鳴尾浜球場(兵庫県西宮市)で行われる広島戦が、今季の最終戦。掛布2軍監督の現役時代からの背番号「31」が見られるのは、この日が最後となりそうだ。

こんなニュースも