[PR]

 大規模なゲノム情報の解析により、肥満に影響する112の新たな遺伝的特徴を理化学研究所などのチームが見つけた。関節リウマチや統合失調症など五つの病気が、新規に遺伝的関連性があることもわかったという。米科学誌ネイチャー・ジェネティクス電子版に発表した。

 さまざまな病気を引き起こす肥満の要因は、食べ過ぎや運動不足だけでなく、遺伝的な要素も大きいとされる。

 チームは東京大医科学研究所内にある生体試料バンクの患者約16万人分のゲノムを解析。東北大や国立がん研究センターから集めた約1万5千人のデータや欧米人の約32万人のデータも参考にした。肥満の指標となるBMIを使って評価などをした結果、肥満に関わる193の遺伝的特徴を見つけた。うち112は新たに見つかったという。

 また生まれ持った太りやすさや、やせやすさと病気の関係を、過去の研究例も合わせて分析した。やせやすい人は関節リウマチや思春期特発性側弯(わん)症、統合失調症を発症するリスクが高く、太りやすい人は後縦靱帯(じんたい)骨化症や気管支ぜんそくの発症リスクが高い可能性が新たにわかった。

 今回の研究結果は、科学技術振興機構バイオサイエンスデータベースセンターのウェブサイト(https://humandbs.biosciencedbc.jp/hum0014-v6#JGAS00000000114/hum0014.v6.158k.v1別ウインドウで開きます)で公開している。(服部尚