[PR]

 10日午後2時半ごろ、熊本県宇城市松橋町の県立松橋高校から「熱中症の症状で過呼吸とみられる生徒がいる」と119番通報があった。宇城広域連合消防本部によると、同校の体育大会に参加していた1~3年生の男女約40人が熱中症とみられる症状を訴え、このうち、過呼吸やけいれんがみられた1、2年生の男女約10人が病院に搬送された。

 同校の大迫明水(めいすい)教頭(53)によると、経過観察のため少なくとも2人が入院したという。この日は全校生徒約400人が体育大会に参加していた。大迫教頭は「日よけのテントや給水所を設置し、考えられる対策はしていた。午前中は曇っていたが、昼前から青空になったのが、生徒たちにとってきつかったのかもしれない」と話した。

 熊本地方気象台によると、宇城市ではこの日の最高気温は31・8度だった。(松沢拓樹)