[PR]

 路面電車をJR岡山駅に乗り入れる計画案を岡山市が検討中だ。現在、岡山駅から最も近い電停は約180メートル先にあるが、駅前広場に新電停を設置する案だ。市の玄関口が大きく変わる計画だけに、周辺商店街や交通関係者らから様々な意見が出ている。

 「駅から距離があって大変です」。路面電車を毎日利用するという中区の80代の女性は、岡山駅前電停にたどり着くとそう漏らした。JR岡山駅から電停に行くには、信号機のある横断歩道を2回渡るか、地下を通る必要がある。

 大森雅夫市長は2013年、駅前への大型商業施設進出などを機に、路面電車の駅への乗り入れについて「今検討に値する問題」と表明。市の14年度予算案に検討費用が盛り込まれた。

 市は同年8月、有識者らを交えた調査検討会を設置。検討会は、駅前に電停を新設して路面電車を乗り入れる「平面案」と、直線か円形のデッキで駅と電停を結ぶ「デッキ案」に絞った。市は15年、平面案を最終案にすると発表した。

 市によると、平面案は駅から電…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら