[PR]

 通信制高校の入学選抜料などの名目で現金をだまし取ったとして、奈良県警は10日、学校法人神村学園(鹿児島県)が運営する通信制高校の奈良キャンパスの元責任者で警備員の山田義博容疑者(64)=大阪府東大阪市=を詐欺容疑で逮捕し、発表した。「金は受け取ったが、だますつもりはなかった」と容疑を否認しているという。

 高田署によると、山田容疑者は同学園側から契約を打ち切られていたにもかかわらず、今年1月、相談に来た奈良県上牧町の男性(42)に「すぐに息子さんを学校に通わせることができる」などとうそを言い、2月にかけて3回にわたり、入学選抜料などの名目で計47万6250円をだまし取った疑いがある。同署には同様の相談が他にも寄せられているといい、関連を調べる。