[PR]

 妊娠期におなかの皮膚が広がる際の詳しい仕組みを、豊島文子・京都大教授(細胞生物学)らの研究グループがマウスの実験で明らかにした。

 胎児の成長に伴い妊婦の腹部の皮膚は急速に広がるが、詳しい仕組みは分かっていなかった。豊島教授らのグループは、妊娠したマウスを使った実験で腹部の皮膚を構成する細胞の動きを詳しく観察。妊娠から12~16日後の細胞を分析すると、表皮の奥に高い増殖能力を持つ細胞集団が現れることがわかった。

 この細胞は皮膚の表面の細胞を作り出す「表皮幹細胞」が変化してできる。妊娠していないマウスの腹部の皮膚には、この細胞が現れなかった。

 別のマウスを使った実験で、皮膚が傷ついた際もこの細胞が現れて細胞増殖が進み、治癒が促されることも確認した。この細胞の働きを刺激するたんぱく質をマウスに注射すると傷を早く治せたという。豊島教授は「人間の皮膚も同じような仕組みが働いている可能性がある。けがの治癒を早めたり老化を防いだりする技術の開発をめざしたい」としている。

 11日、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表した。(西川迅)