[PR]

 来年の明治維新150年を前に、熱気は最高潮に。各地でこの秋、さまざまなイベントが続き、関連グッズも登場している。

 光市出身で、初代内閣総理大臣の伊藤博文(1841~1909)の足跡をたどる企画展「伊藤ドラマ 第三編~近代国家への軌跡~」が市内の伊藤公資料館で開かれている。1885年の首相就任から中国・ハルビンで暗殺されるまでの24年間を約40点の資料で描く。11月26日まで。

 明治維新150年の来年まで、伊藤の生涯と業績を4回に分けて紹介する記念展の第3弾。憲法制定や不平等条約改正、日露戦争などに関する伊藤の思いを手紙や漢詩、演説などで紹介している。

 初公開資料は、日露開戦の11…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら