[PR]

 人生100年時代構想会議で議長代理を務める茂木敏充・人づくり革命担当相に、めざす方向などを聞いた。

 ――安倍政権が掲げる「人づくり革命」とは、一体何ですか。

 「これから日本が直面する超長寿社会で、人々が活力をもって時代を生き抜くには、国の制度、経済・社会システムはどうあるべきか。これが人づくり革命の根底にあるテーマです」

 ――「地方創生」に「1億総活躍」「働き方改革」……。看板の掛け替えではありませんか。

 「安倍政権の目指す新しい社会のあり方が1億総活躍社会だと思っています。それを実現するために地方創生や働き方改革の取り組みがあり、一つ一つしっかりと仕上げて成果を出していきたい」

 「特にその中でも本丸になるのが、人づくり革命。11日に発足した『人生100年時代構想会議』で政策のグランドデザインを示していきたい」

 ――「人生100年」のネーミングはどう決めたんですか。

 「大臣に就任して早々に、総理…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも