[PR]

 11月に東京で開催される新設大会「アジア・プロ野球チャンピオンシップ2017」の詳細日程など概要が11日、発表された。大会は日本、韓国、台湾のプロリーグ代表による対戦で、4年に一度の開催予定。今大会はENEOSが特別協賛社に決まった。チケットの先行発売は13日から。日本代表「侍ジャパン」の監督に就任した稲葉篤紀監督の初陣で、今回のチーム編成は24歳以下またはプロ入団3年目までの若手選手。オーバーエージ枠で3人まで加入できる。稲葉監督は、23歳の大谷(日)を今大会に招集する可能性について「十分ある。24歳以下でなくても日本の中心選手になるのは間違いない」と語った。

 大会日程は次の通り。球場はすべて東京ドーム。

 【予選】▽11月16日 日本―韓国(19時)▽17日 韓国―台湾(19時)▽18日 台湾―日本(18時30分)

 【決勝】▽19日 予選1位―予選2位(18時)

■侍ジャパンのコーチ陣発表

 11月の「アジア・プロ野球チャンピオンシップ」に出場する日本代表「侍ジャパン」のコーチ陣が11日、発表された。打撃コーチは後日、発表される。

 ▽監督 稲葉篤紀▽ヘッド 金子誠▽投手 建山義紀▽バッテリー 村田善則▽内野守備・走塁 井端弘和▽外野守備・走塁 清水雅治

こんなニュースも